Chinese (Simplified)EnglishFilipinoFrenchGermanIndonesianJapaneseKoreanSpanish

五十肩について

当院の患者様で多い五十肩の症状 
  • 痛みで腕が上がらない
  • 着替えの動作がしづらい
  • 朝起きたら突然腕が上がらなくなる
  • 夜痛くて寝れない

五十肩とは?

「五十肩」や「四十肩」はあくまで呼称であり、正式には肩関節周囲炎と言われています。

 加齢による筋力の低下や長年にわたる腱の摩擦により、肩関節に変性や炎症を起りやすくします。 特に40歳代を過ぎると、以前は限られた部分の炎症で収まっていたものが、慢性的なものになり、炎症は肩周り全体に広がっていく傾向にあります。 その炎症が原因で次第に腱や靭帯が癒着するようになり、関節包の可動域が狭くなって動かすと痛い、となってきます

また、時には血中のカルシウムが腱付近に浸出し、石灰化沈着を起こし、腱の伸縮性を失わせた結果、激しい痛みと運動制限を引き起こすこともあります。

このような慢性的な炎症や石灰化沈着という原因を取り除くようにすれば、症状は改善していきます。

五十肩の原因

肩の関節というのは人体で一番大きい関節可動域を持っています。

その割には、肩関節を固定する靭帯は2つしかなく、その周りを上腕骨の骨頭を包むように筋肉と腱、関節包が支えています。

人体構造上、作りの弱いところにもかかわらず力が集中し、頻繁に使われている部位なので、加齢による筋力の低下や長年にわたる腱の摩擦は、肩関節に変性や炎症を起りやすくします。

特に40歳代を過ぎると、以前は限られた部分の炎症で収まっていたものが、慢性的なものになり、炎症は肩周り全体に広がっていく傾向にあります。 その炎症が原因で次第に腱や靭帯が癒着するようになり、関節包の可動域が狭くなって動かすと痛い、となってきます。

施術料金

5,500円

タイトルとURLをコピーしました