Chinese (Simplified)EnglishFilipinoFrenchGermanIndonesianJapaneseKoreanSpanish

坐骨神経痛について

当院の患者様で多い坐骨神経痛の症状 

・腰やおしりに痛みや痺れがある

・電気が走る感じがする

・歩いていると段々太腿やふくらはぎの痛みが激しくなる

・おしりから足にかけて、寝ていても痛くて眠れない

・ 身体をかがめると痛くて靴や靴下が履けない

もし、上記のことでお悩みなら坐骨神経痛かもしれません。

坐骨神経痛とは

「坐骨神経痛」とは、お尻から太ももにかけて鋭い痛みを自覚する症状であり病名ではありません。
何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで生じる痛みやしびれなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。
坐骨神経は、太ももと足の筋肉を支配している神経で、脳からの運動指令を伝え、歩く、身体のバランスを取る、といった働きをしています。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は、「坐骨神経」が圧迫を受ることによりしびれや痛みが出てきます。

圧迫される原因として、2パターンあります。

①骨の変形からくる症状

 椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などにより、骨の変形が原因となる場合

 

②筋肉の圧迫からくる症状
坐骨神経周りについている様々な筋肉、それらのどこかが硬くなって
神経の圧迫が原因となる場合
施術料金

5,500円

タイトルとURLをコピーしました